キーワード検索

食品害虫の防除

食品害虫の種類・生態・被害例

米などの穀類や加工食品を食害する食品害虫

米、豆などの穀類、乾燥動植物、お菓子類などの加工食品など、様々な食品を食害します。主な食品害虫として、メイガ類、シバンムシ類、コクヌストモドキ類などの甲虫類などがあります。

メイガ類

メイガ類

代表的なものとして、ノシメマダラメイガ(ノシメコクガ)があります。
穀類、乾燥食品、菓子類など多くの食品から発見されます。温暖な条件下では年間を通じて何回でも発生を繰り返します。幼虫は生息部分で糸を吐き、薄絹を被せたような状況になり生息の確認跡となります。ガの仲間ですが光に集まる習性はありません。スジコナマダラメイガは製粉工場の大害虫として問題になります。

シバンムシ類

シバンムシ類

甲虫と呼ばれる虫で、背面が堅い甲羅状に覆われています。国内には多くの種類が知られていますが食品を加害する代表種としてタバコシバンムシ、ジンサンシバンムシがあります。タバコシバンムシはその名の通り、乾燥葉タバコの害虫で、菓子類、乾燥果実、香辛料、ペットフードなどあらゆる乾燥植物質を食害します。ジンサンシバンムシはその名の由来となる薬用人参(ジンサンとよめるので)、漢方生薬の害虫でタバコシバンムシ同様にあらゆる乾燥植物質を食害します。

コクヌストモドキ類

コクヌストモドキ類

代表種としてコクヌストモドキがあります。甲虫で小麦粉などの穀粉、粉ミルク、菓子類、動物標本、煮干しなどを食害します。新築間もない住宅で大量に発見される場合があり、木材害虫のキクイムシと酷似しているので間違えられるケースがありますが、全く別種です。新築住宅の建材に含まれる脂肪酸に誘引され小屋裏から飛来侵入すると考えられています。

ヒラタムシ類

ヒラタムシ類

体長5mm以下の小型のものが大部分で、体長2mm前後赤褐色で長い触角を持つカクムネヒラタムシ、体長3mm前後褐色でのこぎり状の胸背面を持つノコギリヒラタムシなどがあります。いずれも穀粉、菓子類などの加工食品を食害します。

コクゾウ類

コクゾウ類

米、麦、トウモロコシなどの穀類を食害する代表種で、古来からコメムシ・ムギムシなどと呼ばれている害虫です。代表種にコクゾウ、ココクゾウがあります。コクゾウは体長3mm前後で黒褐色名前の由来となるゾウの鼻のような長い口器を持っています。成虫・幼虫ともに穀物を食害し、成虫は口器で穀粒に穴をあけその中に1卵ずつ産卵し、孵化した幼虫は穀粒内で生育します。ココクゾウは前種よりもやや小さく生態等はほぼ同じですが、越冬形態が前種は成虫・幼虫でできるのに対し、後種は幼虫のみが越冬します。

マメゾウムシ類

マメゾウムシ類

幼虫が植物の種子(豆)を食害し、一部の種類が豆の大害虫となっています。生育中の豆を食害する種類と収穫後の貯蔵された豆だけで繁殖を繰り返す種類があります。代表種としてアズキの大害虫アズキゾウムシがあります。

カツオブシムシ類

カツオブシムシ類

衣類害虫のカツオブシムシと同じ種類の害虫です。中でも特に好んで鰹節や煮干しを食害する食品害虫として、ハタジロカツオブシムシ、トビカツオブシムシなどがあります。

ヒョウホンムシ類

ヒョウホンムシ類

乾燥動植物質を食害する害虫です。名前の由来となる動植物の標本などが被害を受けます。代表種として、成虫が赤褐色で強い光沢があり、後方背面が著しく隆起して卵型をするニセセマルヒョウホンムシなどがあります。

■ 食品害虫の防除方法
防除方法

食品害虫を防除するには発生源対策として、餌となりやすい食品などを密閉容器などに入れる、隙間対策で虫を侵入させない、粉溜まりなどを清掃して繁殖させないなどの環境対策が有効です。 成虫対策は専用薬剤による残留噴霧、空間処理で十分な効果が得られますが、直接食品に処理することはできません。既に発生している食品については焼却廃棄等の措置で2次的に発生が広がらないようにします。 虫の種類によっては誘引トラップが有効であり発生状況などを把握でき防除の一助となります。ライトトラップ、電撃殺虫機なども防除の補助になります。

食品害虫の防除施工料金

スポット契約・短期契約・年間契約の3つのご契約プランからお選びいただけます。

参考価格

害虫害獣防除のご契約プランとして、施工を1回のみ行う「スポット契約」、期間や回数を決めて施工を行う「短期契約」、1年間の間に定期的な検診を行い都度処理を行う「年間契約」の3つのプランをお選びいただけます。お客様のご都合に合わせた料金選択が可能です。詳しくは料金表をご覧ください。

害虫・害獣の調査・診断が無料!

ガイチュウバスターズは調査・診断を無料で行っています!ぜひ一度お気軽にご相談下さい!

無料診断 無料診断

ガイチュウバスターズでは害虫害獣被害の現場調査診断を無料で行っております。入念な現場の調査診断の後、その場で適正なご提案を無料でさせていただきます。もちろん、診断の後に防除施工を行わないこともお選びいただけますので、被害にお悩みのお客様は是非一度当社の無料診断をご利用ください!