キーワード検索

植栽害虫の防除

植栽害虫の種類・生態・被害例

植物に影響を及ぼすケムシ(毛虫)などの植栽害虫たち

植栽害虫とは、樹木や草花を食害し成長に直接影響を及ぼすアブラムシ類、カイガラムシ類、チョウやガの幼虫類などがあります。
また、接触することで被害を受けるイラガ類、ドクガ類などがあります。

アブラムシ類・カイガラムシ類

アブラムシ類・カイガラムシ類

アブラムシ類、カイガラムシ類は樹木や草花の葉や茎・幹などに発生し、樹液を吸い、植物の生育に影響を及ぼします。

チョウ・ガの幼虫類

チョウ・ガの幼虫類

チョウやガの幼虫類は一般的にケムシ(毛虫)と呼ばれており、植物の葉を食害します。植物を食害する被害と同時に虫に触れることで皮膚炎を被る種類があります。

イラガ類

イラガ類

イラガ類の幼虫は毒棘を持っており、触れると激しく痛みます。通常年1回、時に2回発生し夏から秋にかけて多く見られます。越冬は縞模様の固い卵状の繭を樹上に作りその中でさなぎの状態で行います。イラガ、ヒロヘリアオイラガなどの種類があります。

ドクガ類

ドクガ類

名前の通り毒を持つガ類ですが、中には無害な種類もあります。ドクガやチャドクガなどは被害を与えることで有名です。 ドクガは年1回、チャドクガは年2回発生します。越冬は幼虫で行い翌年の4月頃に出現します。成虫が産卵した後に毒針毛で卵の表面を覆い、毒針による被害は幼虫から成虫まですべてで発生します。時に洗濯物に付着した毒針によっても被害が出る場合があります。

■ 植栽害虫の防除方法
防除方法

対象となる害虫および樹種によって有効な薬剤が有り、残留噴霧することで防除できます。

植栽害虫の防除施工料金

スポット契約・短期契約・年間契約の3つのご契約プランからお選びいただけます。

参考価格

害虫害獣防除のご契約プランとして、施工を1回のみ行う「スポット契約」、期間や回数を決めて施工を行う「短期契約」、1年間の間に定期的な検診を行い都度処理を行う「年間契約」の3つのプランをお選びいただけます。お客様のご都合に合わせた料金選択が可能です。詳しくは料金表をご覧ください。

害虫・害獣の調査・診断が無料!

ガイチュウバスターズは調査・診断を無料で行っています!ぜひ一度お気軽にご相談下さい!

無料診断 無料診断

ガイチュウバスターズでは害虫害獣被害の現場調査診断を無料で行っております。入念な現場の調査診断の後、その場で適正なご提案を無料でさせていただきます。もちろん、診断の後に防除施工を行わないこともお選びいただけますので、被害にお悩みのお客様は是非一度当社の無料診断をご利用ください!